ゴンボゴンボ  世界の雑貨・アフリカ布・エスニックファッション・手づくり材料[熊本] ブログ ☆旅・買付日記

2019年01月4日

ドミニカ共和国 ★ ボカ・チカ&サント・ドミンゴ

República Dominicana ★ Boca・Chica & Santo Domingo

HARRY NEW YEAR!! 今年もよろしくお願いいたします♪

ドミニカ共和国での最後の訪問地は、首都サント・ドミンゴの空港近くにあリゾートビーチのボカ・チカ。サント・ドミンゴからはグアグア(乗合ミニバス)で約1時間。年末だからか、公共のビーチは外国人観光客や地元の人で大賑わいでした。ここは砂浜から海までの距離がとても近くて、海はかなり遠浅。ビーチは人が多すぎて落ち着かないので、ドミニカ共和国のローカルフードを楽しむことに。

お気に入りは、モンドンゴというモツをトマトベースのスープで煮込んだ料理で、朝食のマングー(マッシュした調理用バナナ)やエンパナーダ(具入りの揚げパン)もとても美味しかったです♪ ドミニカ共和国の人々はあまり外食をしないようで、安くて美味しそうな食堂はなかなか見つからないし、時間帯を外すとお店が開いてても何もない感じで、いつもご飯をさがして2人でウロウロ。

どこの国に行ってもあまり日本人に見られない私たちですが、ここではフィリピン、チーノ(中国人)、コレア(韓国)、台湾、ロシア人かと聞かれました。(笑) 日本人の移住者の方も沢山いらっしゃる国ですが、意外にも日本を知らないという人が何人もいて驚きました。

街角にある商店&バーから陽気な音楽が爆音で流れている国、ドミニカ共和国。大自然を堪能できて治安も良く、ちょっとした優しさを沢山感じる人が親切な国でした♪ 物価も他のカリブの国々よりは安いので、バックパッカーにもオススメの旅先です☆

首都サント・ドミンゴの旧市街にあるメインストリート、エル・コンデ通り Calle El Condeには、絵画を扱う露天の店や土産物屋が軒を連ねています

首都サント・ドミンゴの旧市街にあるメインストリート、エル・コンデ通り Calle El Condeには、絵画を扱う露天の店や土産物屋が軒を連ねています


ボカ・チカのビーチは外国人観光客や地元の人で大賑わい。年末は連日花火が打ち上げられていました

ボカ・チカのビーチは外国人観光客や地元の人で大賑わい。年末は連日花火が打ち上げられていました


中にハムとチーズが入っている揚げたてのエンパナーダ Empanada。外側のパン生地が甘くてとても美味♪RD$20 (約47円)

中にハムとチーズが入っている揚げたてのエンパナーダ Empanada。外側のパン生地が甘くてとても美味♪RD$20 (約47円)


モツをトマトベースのスープで煮込んだドミニカ料理、モンドンゴ Mondongo。濃厚なお味でご飯によく合います。RD$200 (約460円)

モツをトマトベースのスープで煮込んだドミニカ料理、モンドンゴ Mondongo。濃厚なお味でご飯によく合います。RD$200 (約460円)


美味しそうな炭火焼のお店を発見!! ホールチキンは茹でたプラタノ(調理用バナナ)かユカ芋がどっさり付いてRD$300(約700円)。ピリ辛のソースがとても美味♪

美味しそうな炭火焼のお店を発見!! ホールチキンは茹でたプラタノ(調理用バナナ)かユカ芋がどっさり付いてRD$300(約700円)。ピリ辛のソースがとても美味♪


朝食に食べたマングー Mangú。トッピングの玉ねぎの酢漬けが癖になる美味しさ。揚げたチーズと合わせてRD$100(約230円)、カフェRD$10(約23円)

朝食に食べたマングー Mangú。トッピングの玉ねぎの酢漬けが癖になる美味しさ。揚げたチーズと合わせてRD$100(約230円)、カフェRD$10(約23円)


サント・ドミンゴのフルーツジュース屋さん

サント・ドミンゴのフルーツジュース屋さん


街歩きが楽しいサント・ドミンゴ

街歩きが楽しいサント・ドミンゴ


サント・ドミンゴの八百屋さん。アロエやサボテンも売られていました

サント・ドミンゴの八百屋さん。アロエやサボテンも売られていました


肉、ユカ芋、野菜を煮込んだドミ理科のスープ、サンコーチョ Sancocho RD$225 (約520円)

肉、ユカ芋、野菜を煮込んだドミ理科のスープ、サンコーチョ Sancocho RD$225 (約520円)


Back to Top