GOMBO GOMBO ★ 世界の雑貨・アフリカ布・エスニックファッション・手づくり材料[熊本] ブログ ☆お店のこと

2022年06月23日

旅フォト ★ バングラデシュ・BANGLADESH

ネパールから陸路で向かったバングラデシュ。インドのダージリンに立ち寄って、北部のブリマリ国境 Burimariから入国しました。ここは驚く程のどかな場所で、15km先にあるバスターミナルまではリキシャ(自転車タクシー)を利用したのですが、途中ドライバーがタイヤに空気を入れる為に止まると、どこからともなく大勢の人が集まってきて、すっかり取り囲まれてしまいました。外国人が珍しいのか、興味津々に私達を見る人々。人の多さに驚いたのですが、みんな笑顔なので何だか嬉しくなって、一緒に写真を撮って楽しみました♪
June,2007


2022年06月22日

旅フォト ★ スペイン・SPAIN

スペイン南部のアンダルシア地方に位置する都市、グラナダ Granada。最大の見所は、イスラム芸術の最高傑作とも言われているアルハンブラ宮殿 Palacio de la Alhambra! ここはスペイン最後のイスラム王朝、ナスル朝歴代王の居城で、城内には住居やモスク、学校、浴場、官庁など城としてだけでなく、城塞としての様々な施設を備えていたんだそうです。

近くのサン・ニコラス展望台から見た宮殿は、シエラ・ネバダ山脈を背に夕日に染まったりライトアップされたり、空の色もどんどん変ってとても美しかったです♪ イメージでは、「”アルハンブラの思い出”のギター演奏でも聞きながら静かに眺める」だったのですが、演奏されていたのはノリノリのラテン音楽。展望台は凄い人出で賑わっていて、それも楽しくて良い感じでした☆
June,2009


2022年06月20日

旅フォト ★ ウガンダ・UGANDA

ウガンダ西部の町フォート・ポータルからピックアップトラックの荷台に乗って、コンゴとの国境近くにあるピグミー(トゥワ)族の村へ向かう途中で開かれていた青空市♪ 市にはマトケ Matokeと呼ばれるバナナがたくさん並んでいて、男性たちが大きな房をいくつも自転車に載せて運んでいました。

マトケは甘くない調理用のバナナで、ウガンダの主食の1つ。果実は緑色のまま収穫され、皮をむいて蒸したり、茹でたり、マッシュして食べられています。他にもイエローズと呼ばれるフルーツバナナや、焼きバナナなどにして食べられるゴンジャというバナナもあって、とにかくバナナだらけの国でした☆
June,2008

 

2022年06月19日

旅フォト ★ メキシコ・MEXICO

メキシコ・シティの歴史地区にある、美しすぎる中央郵便局 Palacio Postal。この建物は1902年に、ポルフィリオ・ディアス大統領がイタリア人の建築家アダモ・ポアリエと、メキシコ人の技師ゴンサロ・ガリタ・イ・フロンテラを指名して造らせたもので、建造が始まったのは1902年。完成した5年後の1907年に郵便局の営業が開始されたそうです。

100年以上の歴史があるこの郵便局は現在も営業中で、ここから日本に葉書を出してみました♪ 内装がとにかくゴージャス! 旅中、世界各地の郵便局から葉書や小包を送っていましたが、ここが1番美しい郵便局でした。場所はアラメダ公園の近くで、地下鉄ベジャス・アルテス駅からアクセスするのが便利ですよ☆


2022年06月16日

旅フォト ★ エルサルバドル・EL SALVADOR


エルサルバドル第2の都市、サンタ・アナ Santa Ana。中心部にあるリベルター公園の周りには、カテドラルや国立劇場などの歴史的な建造物が並んでました♪ 美しいカテドラルはヨーロッパ風のゴシック様式で、町の守護神である聖母アナが祀られています。

サンタ・アナはグアテマラから陸路で国境を越えてやって来た町で、昼過ぎに到着すると早速宿を決めて町歩きへ。教会などを見学しながら歩いていると、公園の入口に銃の持ち込みを禁止する標識が立っていてビックリ! エルサルバドルも銃社会で、この町も危険そうなので市場で食事を済ませると、暗くなる前に急いで宿に戻りました☆
March,2010

 

2022年06月15日

旅フォト ★ タジキスタン・TAJIKISTAN

タジキスタン東部、パミール高原にある町ムルガーブ(標高3,653)から、パミールハイウェイを通ってキルギスの国境近くの小さな村サリタシュ(標高3,170)への移動中に見た風景。ムルガーブでは朝8時からサリタシュに行く車を探していると、キルギス人の男性が車に乗せてくれたのですが、他に客が全くいなくてなぜか一緒に客探し。

結局、私たちの他に車に乗ったのは大量の羊で13時にやっと出発!移動中の景色は絶景の連続で、途中羊飼いの男性たちが川に羊を1頭づつ入れ、仰向けに前足を持ってザブザブ洗っているのを見学。終わった羊はすっかり綺麗になっていました♪
June,2012

 

2022年06月13日

旅フォト ★ ケニア・KENYA

ケニアの首都、ナイロビ Nairobiのダウンタウンで泊まった宿から見た街の風景。ナイロビは東アフリカの中心都市で、高層ビルが立ち並ぶ大都会。赤道直下にあるのですが標高が1,700mと高く、涼しくてとても過ごしやすいです。ここは治安が悪く、スリや強盗が多発していると聞いたので、街歩きは手ぶらで写真も撮っていないので、街の写真は宿から撮ったものだけ。

そんなナイロビでは、ウガンダやタンザニアのビザを取得するために大使館に行ったり、ATMで現地通貨を引き出して米ドルに両替したりと色々な用事を済ませること出来ました♪ 街は明るく人も陽気で、歩いている分には危険は感じませんでしたが、宿の入口や商店などには頑丈な鉄格子が設置されていて異様な雰囲気。翌年に行った中米で、この宿にタクシーで到着後、入口の前で強盗に襲われたという、顔が縫い傷だらけの男の子に会ってゾッとしました・・・。
May,2008


2022年06月12日

旅フォト ★ ハイチ・HAITI

ハイチ唯一の世界遺産、サン・スーシ城 Palais Sans Souciと山の頂きに建造された巨大な要塞、シタデル・ラフェリエール Citadelle Laferrière。 ここへはまずハイチ北部の町カパイシャンから、タプタプと呼ばれる乗合タクシーに乗って山の麓にあるミローという村へ。

そこから国王アンリ1世として君臨したアンリ・クリストフが居城としていたサン・スーシ城を通って、シタデルまでは石畳の急な坂道を歩いて約7km。かなり暑いし過酷な道のりで、めちゃくちゃ疲れましたがシタデルからの景色は最高でした☆
December,2018

 

2022年06月9日

旅フォト ★ タイ・THAILAND

タイ北部の都市チェンマイでは、丁度開催されていた”国際園芸博覧会 Royal Flora Ratchaphruek 2006″に行って来ました♪ 会場はとても広く、各国の庭園や民芸品の展示に初めて見る珍しい植物、そして大量の蘭の花を使った豪華なお庭に「さすがタイだな~!!」と感動の連続。タイシルクのコーナーでは、蚕から糸を紡ぐ実演も見ることが出来ました。他にもファッションショーや夜のパレードなど見どころ満載!

博覧会の中心は王室パビリオンで、伝統的な建築様式を現代風にアレンジされた建物の装飾はため息の出る美しさ。内部は、国王即位60周年祝賀記念の最高徳菩提樹を見に来ているタイの人々で一杯でした。会場はチェンマイにあるロイヤル・フローラ・ラチャプルック公園で、開催期間は2006.11.1~2007.1.31。日本を含む30ヶ国が参加して、期間中に384万人が来場したそうですよ!
November,2006


2022年06月8日

旅フード ★ インド・INDIA

     

     

インド亜大陸の最南端にある町カニャクマリから、インド第3の都市バンガロールへ列車での移動中に食べた軽食。男性が持っているドーナツの様なものは、豆の粉とスパイスを混ぜて作った生地を揚げた”ワダ Vada”と呼ばれるもので、外はサクサク、中はフワフワ、香ばしくてとても美味♪ ワダとお好み焼きの様なウタパム2枚、サンバル(辛くて酸っぱい豆と野菜のスープカレー)、万能ソースのチャトニ(チャツネ)のセットで約48円。

インドは列車で旅をしていて、この移動は約20時間。座席は自由席の次に安いエアコン無しの3段寝台で、ぐっすり眠れて快適な1番上の段をいつも選んでいました。真ん中の段は朝にはたたまれるし、1番下の段は色んな人が座ってきて、物乞いと物売りがやたらと来る。物売りはチャイ、サモサなどのスナック類、枕にチェーンと何でも来て見ていて楽しいし、「チャ~イチャイチャイ」などの掛け声が面白かったです☆
April,2007


Back to Top