ゴンボゴンボの世界旅 世界76ヶ国を5年9ヶ月無帰国で旅した記録 & 続きの旅 国・宿情報 マレーシア

malaysia
マレーシア(馬来西亜)・ボルネオ島
MALAYSIA・BORNEO ISLAND

★国情報/COUNTRY Information

首都:クアラルンプール Kuala Lumpur
公用語:マレーシア語
通貨:マレーシア・リンギット(Rm)
民族:マレー系、中国系、インド系
宗教:イスラム教、仏教、ヒンドゥー教
時差:-1時間

★旅情報/TRAVEL Informattion

滞在期間:①2006年10月15日~2006年10月18日
     ②2006年10月22日~2006年11月10日
訪問国:2ヶ国目
レート:1リンギット(Rm)=約34円
ビザ:3ヶ月以内不要

★マレーシアの人々 / PEOPLE of MALAYSIA
kotakinabaru1

場所:コタキナバル・ボルネオ島
いつも笑顔で親切なSTEP in LODGEのスタッフ。マレーシアはマレー系、華人系、インド系、その他の人種が混在する多民族国家。

penang1

場所:ジョージタウン・ペナン島
公園の巨大ブランコで元気に遊ぶ子供たち。ペナン島はマレーシアの中で最も華人の人口が多いところ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

場所:ジョージタウン・ペナン島
お供え用の花飾りを作るお兄さん。多民族国家のマレーシアではインド系の住民にもよく出会う。

★マレーシアの食 / PEOPLE of the MALAYSIA
soto

場所:ラブアン島
料金:3リンギット(約102円)
鶏ガラベースのスープに細いミーフンが入った麺、ソト。リマウ(ライム)を絞っていただきます。

malaysia-f2

場所:コタキナバル・ボルネオ島
宿でご馳走になったラマダン明けのお菓子。おもちや蒸しパンに似た感じで懐かしい味でした。マレー料理。

malaysia-f1

場所:コタキナバル・ボルネオ島
料金:3リンギット(約102円)スープ付
フィリピーノマーケットの屋台で食べた安くて美味しいミーゴレン。

★マレーシアの移動 / TRANSPOTATION of the MALAYSIA
malaysia-t3

移動日:2006年11月6日
料金:43リンギット(約1,462円)
クアラルンプールからバタワースへはマレー鉄道で14時間。寝台列車は広くて快適でした。

air-asia

移動日:2006年10月19日
料金:604.98リンギット
   (約20,570円)/人
マレーシアの格安航空会社 Air Asia
クアラルンプール→バンダルスリブガワン、コタキナバル→クアラルンプールの往復料金

penang-langkawi

移動日:2006年11月09日
料金:40リンギット(約1,360円)
ペナン島のジョージタウンから
ランカウイ島のクアタウンへは
船で2時間半。

★マレーシアの安宿 / GUESTHOUSE and hotel in MALAYSIA
malaysia-g2

Golden Inn(黄金旅館)
Kota kinabalu コタキナバル
滞在期間:2006.10.22
設備:トイレ・糸のような水が出るホース付
場所:フィリピーノマーケットの近く
コメント:夜に到着して、とりあえず一泊した宿。部屋は古くてカビ臭いし、隣の部屋から壁に穴を開けて覗いている人が!かなりの恐怖宿。


malaysia-g3

STEP~in Lodge
Kota kinabalu コタキナバル
滞在期間:①2006.10.23~2006.10.26
     ②2006.10.28~2006.10.29
     ③2006.11.03
料金:4人ドミを2人で使用 70リンギット(約2,380円)/室
設備:トイレ・シャワー共同、朝食・ファン付
場所:60,2F,JI.Sultan,5000
コメント:前に泊まった宿があまりにも残念だったので、料金は高いけど綺麗な宿を見つけてお引っ越し。部屋も清潔でスタッフの対応も良い。ただ、とても蒸し暑くて寝苦しかったです。


malaysia-g1

Backpacker’s Travellers Inn
Kuala Lumpur クアラルンプール
滞在期間:①2006.10.15~2006.10.18
     ②2006.11.04~2006.11.05
料金:ダブル 30リンギット(約1,020円)/室
設備:トイレ・シャワー共同、エアコン付、洗濯機有(有料)
場所:60,2F,JI.Sultan,5000
コメント:地球の歩き方に掲載されている安宿。部屋は清潔でスタッフも親切。チャイナタウンが近いので食事には困らない。


★ゴンボゴンボの世界旅の内容は、帰国後の2013年より旅中の記録をもとに少しづつ更新していきます。
記録は旅行当時のものです。参考としてご覧ください。

Back to Top