ゴンボゴンボの世界旅 世界76ヶ国を5年9ヶ月無帰国で旅した記録 & 続きの旅 旅行記


#003
スリランカ★ジャフナ、マンナール

2017年1月26日(木) SRI LANKA ★ Jaffna, Mannar
アヌラーダプラから、スリランカ北部の都市ジャフナまでは列車で約4時間。スリランカの多数民族シンハラ人ではなく、祖先が南インドからの移住者であるタミル人が多く住む北部や東部地域は、約26年間続いた内戦の激戦地だったところです。内戦が終結したのは2009年。北部の町は今、そんな歴史があったことが信じられないくらいに平和な雰囲気で、泊まっていた宿には欧米人のバックパッカー達が次々にやって来ていました。

スリランカの北東部は今が雨季で、毎日曇りか雨です。一瞬太陽が出て町歩きに出掛けると、突然土砂降りになって傘を持っていてもずぶ濡れに…。ジャフナは思っていたよりも小さな町で、インドと同じように大きな牛が人や車に混ざってのんびりと歩いています。この町は猛烈に声を掛けてきたり握手を求めてきたり、一緒に写真に写りたがる若い男の子が多いので少し疲れますが、ここに来てやっと美味しいカリーを食べることができました♪

そして、ジャフナからはジャフナ・ラグーンの中に造られている道を通って、バスで約3時間のマンナールへ。この移動では独特な景観を見ることが出来ましたが、途中バケツをひっくり返したような激しい雨に見舞われ、窓を閉めていても中まで水が入ってきてビックリ。翌日はバオバブやパルミラヤシが生えている景色を見ながら、かつてインドからのフェリーが発着していたという小さな漁村タライマンナールをバスで訪れましたが、やっぱりこの日も雨。宿のシャワーは水なので寒いし、洗濯物も乾かなくて困っています。

それにしても、どこの町も野良犬とカラスと蚊が多い! 犬は5〜6匹の集団で、猛烈に吠えてくるのでとても怖いです。そして、なぜか小さなマンナールの町中には野良ロバ?が沢山います。食事の残りをカラスにあげている子供がいたり、スリランカの人々は動物と共存しているなぁと思う今日この頃です。

ナッルール・カンダスワミ寺院。7月から8月に26日間かけて行われる、大規模な祭りで知られているジャフナのヒンドゥー寺院。男性は、観光客も上半身裸になって中に入ります

ナッルール・カンダスワミ寺院。7月から8月に26日間かけて行われる、大規模な祭りで知られているジャフナのヒンドゥー寺院。男性は、観光客も上半身裸になって中に入ります

 

ケリマライの泉。ジャフナからバスで北へ約1時間、ケリマライにある治癒力を持つという淡水の温泉。奥の建物が女性専用で入場料は1人約24円

ケリマライの泉。ジャフナからバスで北へ約1時間、ケリマライにある治癒力を持つという淡水の温泉。奥の建物が女性専用で入場料は1人約24円

 

ケリマライのビーチで記念撮影。ここやジャフナでは「一緒に写って」と写真をたくさん撮られました

ケリマライのビーチで記念撮影。ここやジャフナでは「一緒に写って」と写真をたくさん撮られました

 

男の子達が集団で歩いて来たのでヒンドゥー寺院に行くのかと思ったら、行き先は寺院の前のアイスクリーム屋さんでした

男の子達が集団で歩いて来たのでヒンドゥー寺院に行くのかと思ったら、行き先は寺院の前のアイスクリーム屋さんでした

 

ケリマライにあるヒンドゥー寺院、ナクッレースヴァラム・シヴァ寺院。内戦中に襲撃を受けたというゴープラム(塔門)は現在も修復中でした。敷地内には大きな牛や孔雀が飼われていて巡礼者達が写真を撮っていました

ケリマライにあるヒンドゥー寺院、ナクッレースヴァラム・シヴァ寺院。内戦中に襲撃を受けたというゴープラム(塔門)は現在も修復中でした。敷地内には大きな牛や孔雀が飼われていて巡礼者達が写真を撮っていました

 

ジャフナのバスターミナル北側にある人気のレストラン ”SRINIGETHABHAVAN VEGETARIAN RESTAURANT” のライス&カリー。バナナの葉っぱに出てくるこの食べ放題のカリーは、ランチのみで一人約88円。熱々のカリーはとても美味♪

ジャフナのバスターミナル北側にある人気のレストラン ”SRINIGETHABHAVAN VEGETARIAN RESTAURANT” のライス&カリー。バナナの葉っぱに出てくるこの食べ放題のカリーは、ランチのみで一人約88円。熱々のカリーはとても美味♪

 

ジャフナの中心地にあるニュー・マーケット・コンプレックス。ここやバスターミナルの裏側の道が近郊行きのバス乗り場になっています

ジャフナの中心地にあるニュー・マーケット・コンプレックス。ここやバスターミナルの裏側の道が近郊行きのバス乗り場になっています

 

商店の店先に吊り下げられている袋入りのスナック菓子。ジャフナには名物の飲み物 ”ネッリクラッシュ” を売っている店も多いです

商店の店先に吊り下げられている袋入りのスナック菓子。ジャフナには名物の飲み物 ”ネッリクラッシュ” を売っている店も多いです

 

ジャフナ郊外のガソリンスタンド。ガソリンは1L約76円のようでした

ジャフナ郊外のガソリンスタンド。ガソリンは1L約76円のようでした

 

ジャフナのナッルール・カンダスワミ寺院近くにある安くて美味しいアイス屋さん "LINGAN" 。アイスがのったフルーツサラダは約80円

ジャフナのナッルール・カンダスワミ寺院近くにある安くて美味しいアイス屋さん “LINGAN” 。アイスがのったフルーツサラダは約80円

 

ついにマイケルジャクソンが絶賛したと言う、スリランカ製のビール ”Lion Stout” を手に入れました!(普通に酒屋に売ってあります。笑 )アルコール度数は8,8%で、すっきりとした苦味がクセになりそうです♪

ついにマイケルジャクソンが絶賛したと言う、スリランカ製のビール ”Lion Stout” を手に入れました!(普通に酒屋に売ってあります。笑 )アルコール度数は8,8%で、すっきりとした苦味がクセになりそうです♪

 

ジャフナでは色々なお店でライス&カリーを食べてみました。基本的にランチに食べる料理のようで、ご飯とおかずを右手で混ぜ合わせていただきます。食べ終わったら自分でお皿に敷かれているビニールをゴミ箱に捨てます

ジャフナでは色々なお店でライス&カリーを食べてみました。基本的にランチに食べる料理のようで、ご飯とおかずを右手で混ぜ合わせていただきます。食べ終わったら自分でお皿に敷かれているビニールをゴミ箱に捨てます

 

ジャフナの市場で、インドでも食べた感動的な美味しさのレッドバナナを発見!! 普通のバナナは1kg約80円〜200円ですが、レッドバナナは約280円。味は濃厚で甘く舌触りはなめらか、バナナ好きにはたまりません

ジャフナの市場で、インドでも食べた感動的な美味しさのレッドバナナを発見!! 普通のバナナは1kg約80円〜200円ですが、レッドバナナは約280円。味は濃厚で甘く舌触りはなめらか、バナナ好きにはたまりません

 

あれっ!?と思うほど小さなジャフナの市場。隣の建物では野菜を売っていましたが、そちらも少なくてビックリ。甘くて美味しいマンゴーは1個約30円でした

あれっ!?と思うほど小さなジャフナの市場。隣の建物では野菜を売っていましたが、そちらも少なくてビックリ。甘くて美味しいマンゴーは1個約30円でした

 

マンナールの少ない見所のひとつ、バオバブの木。アフリカの背の高いバオバブとは種類が違うようで、巨大な幹が印象的でした

マンナールの少ない見所のひとつ、バオバブの木。アフリカの背の高いバオバブとは種類が違うようで、巨大な幹が印象的でした

 

マンナールで食べたチキンビリヤニ。一皿約270円で、ご飯は冷たくお肉はパサパサ。ここでは、隣で食べていた男性が分けてくれた魚のフライがとっても美味しかったです

マンナールで食べたチキンビリヤニ。一皿約270円で、ご飯は冷たくお肉はパサパサ。ここでは、隣で食べていた男性が分けてくれた魚のフライがとっても美味しかったです

 

マンナール島の北西端にある漁村タライマンナールの浜辺で、雨のなか網から魚を外している漁師たち

マンナール島の北西端にある漁村タライマンナールの浜辺で、雨のなか網から魚を外している漁師たち

 

かつてインド南部のラーメシュワラムへの定期船が発着していたタライマンナール。今は古い桟橋が寂しく残っているだけの小さな漁村でした

かつてインド南部のラーメシュワラムへの定期船が発着していたタライマンナール。今は古い桟橋が寂しく残っているだけの小さな漁村でした

Back to Top