GOMBO GOMBO ★ 世界の雑貨・アフリカ布・エスニックファッション・手づくり材料[熊本] ブログ 2021年07月

2021年07月11日

旅フォト ★ モロッコ・MOROCCO

moroccoH

大西洋沿岸の港町、アシラ Asilahの夕日に照らされたメディナ(旧市街)の白い家並みと城壁。アシラはポルトガル人によって築かれた小さな町で、海沿いにあるメディナには、白壁一面に素敵な絵が描かれている家が何軒もあって、まるでアートギャラリーのようでした♪ ひっそりとしたメディナを歩き、城壁にある展望台に登ってみると、大西洋に沈む夕日やオレンジ色に染まった町並みを見ることが出来て、美しさに大感動しました☆
June,2009

旅の写真館モロッコはこちら→クリックしてね


2021年07月10日

旅フード ★ ニカラグア・NICARAGUA

nicaraguaH

中米ニカラグアの古都グラナダのコメドール(食堂)で食べた、ボリューム満点のランチ。牛肉のステーキ、カルネ・アサーダと玉ねぎやニンニクと炒めたご飯にフリホーレス(赤いインゲン豆)、サラダ、揚げたプラタノ(調理用のバナナ)が付いて、なんと約180円!お肉は柔らかくて美味しく、ソースの味も良くて大満足でした♪

グラナダは海のように大きなニカラグア湖の北西端に位置していて、コロニアル様式の建物や教会が立ち並ぶ町並みがとても素敵な所です。活気がある市場の近くには、魅力的なコメドールがいくつかあって、毎日通ってニカラグア料理を堪能しました☆
March,2010

旅の写真館ニカラグアはこちら→クリックしてね

 

2021年07月7日

旅フォト ★ ベナン・BENIN

beninH

ギニア湾に面したベナン最大の都市、コトヌー Cotonou。街にはゼミジャンと呼ばれるバイクタウシーや車が溢れていて、物凄い排気ガスで街中が霞んでいました。ここへはアボメーという町から乗り合いタクシーでやって来て、ゼミジャンで宿まで行こうと思ったのですが、ドライバー達がぼったくろうとするので、かなりの距離を歩くことに。

コトヌーはとても蒸し暑く、交通量が多い道路は渡るのも命がけ。巨大なダントクパ市場は活気があって、市場周辺は連日大変な賑わいを見せていました。宿の近くでは地元の人々で賑わう食道を見つけ、蟹肉などが入ったゴンボソース(オクラのとろとろソース)の美味しさに2人で大感激しました☆
December,2008

旅の写真館ベナンはこちら→クリックしてね


2021年07月6日

旅フォト ★ アメリカ・USA

usaH

南米のペルーから飛行機を乗り継いでやって来たラスベガス。 歩いているだけでも楽しいこの街では、目抜き通りのストリップに並んでいるカジノ付きの高級ホテルを巡ってショッピングモールや無料のショーを楽しみました♪ 噴水ショーが大迫力のホテル、ベラッジオのロビーは天井がベネチアングラスの巨大な花で飾られていてとても綺麗。広いロビーには、大量の生花を使った面白い展示物があって見入ってしまいました。

ここでは24時間で7ドルという公共バスを利用して、アウトレットのショッピングモールにも行ってきました。良いものが安いので、使い古した小さめのザックやTシャツ、靴下などを新調♪ ネットで予約してきた宿はストリップから歩いて15分の所にあって、ツインルームは1部屋約2,000円という安さなのに凄く良いお部屋でビックリ!ラスベガスのホテルは基本的にカジノとセットで運営されていて、カジノにお金を使ってもらおうと宿泊費を低めに設定している所が多いのだそうです。

昼間の気温は41度。とても暑いけど凄く乾燥しているので汗も蒸発している感じでした。最後にパリスホテルでスロットをしてみたら、5ドルがあっという間に1,500ドルに!! よく分からずにボーッとしていると、係の人が2人現れてパスポートを提示。しばらく待っていると書類が来てサインをすると、100ドル札を1枚ずつ数えながら手渡しでもらえて、ここで初めて「すごーい!やった~♪」と大喜び。勝ったお金は2人で山分け。もっと遊んでいたかったけど、飛行機の時間が迫っていたので宿に荷物を取りに帰ってダッシュで空港へと向かいました☆
July,2010


2021年07月4日

旅フォト ★ エクアドル・ECUADOR

ecuadorH

エクアドル第3の都市クエンカ Cuencaで訪れた、パナマハットのお店。1946年に創業されたというこのお店は、パナマハットの博物館にもなっていて、展示されている古い道具や、機械を使って帽子の型を取っている作業風景を見学することが出来ました♪

パナマハットはエクアドル原産の植物、トキヤ草(パナマ草)の葉を細く裂いたものを編んで作られる軽くて丈夫な夏用の帽子で、エクアドルではトキージャハットと呼ばれています。この帽子の起源はエクアドルで、パナマハットという呼称はアメリカのルーズベルト大統領がパナマ運河建設の視察時にこの帽子を着用したことで世界的に浸透したのだそうです☆
May,2010


2021年07月3日

旅フォト ★ シンガポール・SINGAPORE

singapoleH

ダウンタウンの北東部にあるリトル・インディア。賑わう通りにはインドの雑貨やヒンドゥー教のお供え用の花を売る店が並んでいて、あたりにスパイスの香りが立ちこめていました。すれ違うのは色鮮やかなサリーを着ている女性や、頭にターバンを巻いている男性とここはまさにインド!

このリトル・インディアではへナで肌に模様を描くメヘンディを体験したり、ラッシーを飲んだり甘いスィーツを食べてみたり。極彩色のゴープラム(塔門)が目を引くスリ・ヴィラマカリアマン寺院も訪れて、シンガポールにいながらインドの雰囲気を楽しむことが出来ました☆
October,2006

Back to Top